代官山 蔦屋書店 オフィシャルブログ
コンシェルジュ自ら仕入れた商品、企画したイベントなどを紹介します。

Anjinのクリスマスディナーで特別な一夜を。

2017年12月12日19:26
ひんやりと乾いた風が頬を刺す12月、より一層、冬を感じる季節となりましたね。
年末へ向けて慌ただしく過ごしている方も少なくはないのではないでしょうか。
Anjinでは今年、贅沢な食材を使った大人のためのクリスマスディナーを提案します。

◆「ロブスターテルミドール」 6,500円

「シーフードの王様」と呼ばれるロブスターをカナダから直接お取り寄せ。
今がまさに旬のロブスターを生きたまま厨房へ到着した後さばき、
最高な状態でお出し出来るよう、鮮度を保った状態で保存します。


ロブスターの身はボイル後カットし、殻を器にして盛り付けます。
そのまま下処理を加えずにグリルするより、ボイルした方が旨みがしっかり閉じ込められ、歯ごたえがプリップリに。
このひと手間があるかないかで、味も食べやすさも別格です。

テルミドールはホワイトソースに粉チーズをかけて焼くスタイルが通常ですが、
殻や身のエキスと、マッシュルーム、しめじ、2種類の程よい歯ごたえのキノコを合わせ、旨みの詰まったAnjinスタイルのホワイトソースを。


この濃厚なソースに合わせて、セルフィーユ(チャービル)・ディル・花穂紫蘇の3種類のハーブで彩りを加え、
口の中に広がる香りの変化と共に、ロブスターを余すところなくお楽しみいただける一品に仕上がりました。


* * * * * *

◆「牛ヒレのロッシーニ」 5,500円

有名な作曲家の「ジョアキーノ・ロッシーニ」氏の名前が由来のフォアグラとトリュフを使った料理・ロッシーニ。

積み重ねられた牛ヒレとフォアグラ、ポートワインにトリュフを入れて煮詰めた芳醇なソースと根セロリのスムージーで囲みました。

根セロリはクセがなく、ほのかにセロリの香りがする根菜です。
ポテトよりもどっしりとお腹にたまらず、セロリのさわやかな香りが広がるので、食材とのバランスが大変良く、シェフおすすめの付け合せです。


そして主役の牛ヒレには、脂の乗りもよし、さらに質の良いサシが入っていて、まさに"旨い肉"の条件を満たした十勝産国産牛を、絶妙な焼き加減で。
その上に、最高級ガチョウのフォアグラを、彩りと口直しにシブレットをのせました。


口に入れた瞬間、芳醇なトリュフがふわっと香り、肉汁がじゅわっ。
あなたの舌を満足させる一皿を、どうぞご堪能ください。

* * * * * *

◆「クリスマス限定グラスワイン」 各1,800円
クリスマスメニューにぴったりの特別なワインをご用意しました。
生産者はフランスのルイ・ジャド社(Louis Jadot)

ボーヌ プルミエ・クリュ オマージュ・オー・クリマ(Beaune Premier Cru Hommage ◇aux Climats):左(赤ワイン)
ルイ・ジャド社が生まれ育ったボーヌのテロワールに敬意を表し、2012年のボーヌ プルミエ・クリュのワインを18種類ブレンドした特別なキュヴェ。
ピノ・ノワール100%、フルボディの深い味わいは牛ヒレのロッシーニとの相性も大変良いです。

◇ムルソー 2015(Meursault):右(白ワイン)
ムルソー村は、シャルドネ品種を栽培するには完璧と言える理想的な土壌(泥灰土)で、「偉大なホワイト・ブルゴーニュワイン」の中心産地とされています。
シャルドネ100%、辛口の果実味あふれる香りと、とろみのある柔らかい口当たりはクリームソースとよく合います。

* * * * * *

◆「クリスマスショートケーキ」 1,200円

デザートには、ショートケーキをご用意しています。
ホワイトチョコレートのボールに、苺のソースが入ったAnjin特製クリスマス限定のショートケーキです。
◆「苺と濃厚クリームチーズのスムージー」 1,100円
ケーキが入らないな...という方も、シェイクならいかがでしょうか。
贅沢にあしらわれたイチゴの甘すぎない大人のデザートです。
ショートケーキのようなシェイクは、はじめはアイスのように底からすくって、イチゴのさわやかな口当たりを愉しんでいただいたあと、
途中からかき混ぜれば、絶妙なフローズンシェイクの完成です。

◆「レオナルド」 1,800円

ローズレッド、シナモン、クローブなど冬のスパイスと苺の自家製シロップとシャンパンを合わせた、オリジナルカクテルもございます。
蜜に漬けこんでそのまま凍らせたような苺は、デザート感覚で何度でも食べたくなる、至福の一口。


* * * * * *

いかがでしたか?

”フォーマルよりカジュアルに。
カジュアルよりもラグジュアリーに。”

ゆったりくつろぐクリスマスディナーを愉しみながら、大切な人との時間をAnjinで過ごしてみませんか?



0 件のコメント:

コメントを投稿